FC2ブログ
 虹色眼鏡
 29歳を目前に中国留学を決意したliocoの日記です。


RSS + ADMIN + HELP
 ◆ スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ ちょっと休憩…
2008/07/20(日)
16日(15日の深夜か…)にクチャで更新してから、まだ4日しか経ってないんだね
毎日うろちょろしてるから、もう随分長いことネットも使えてない気がしてたんだけど・・・
自分がいかに文明の利器に頼りきった生活をしていたかを思い知らされる

さて、クチャを17日の夜に出て、電車でトルファンへ。
トルファンではドイツ人のおじさんBurneyと一緒に一日観光をし、19日の夜トルファンを出発。
今日お昼前くらいに敦煌へとやって来ました。

トルファンは死にそうなくらい暑くて、10分外にいるとTシャツがずぶ濡れになるくらい汗をかいた?
元々暑がりで汗っかきのあたしはホントこれでもかってくらいの汗をかいて、そのまま電車泊だったから、におわないかと真剣に心配だったよ…

そんな中トルファン駅で久しぶりに日本人に会いました!
北京と昆明に留学してる東京の某大学の男女学生4人組。
今日敦煌に着いてから、ホテルで再会したら、一緒にご飯行きません?って誘ってくれて、お昼は彼らと一緒に行ってきた
美佳ちゃんとカシュガルで別れてから、久しぶりに会う日本人でちょっとホッとしたひと時を過ごせました

トルファンには明後日まで滞在して、明後日の朝バスで嘉峪関に向かおうと思ってます。
嘉峪関は行くつもりなかったんだけど、1泊しようと思ってた蘭州があんまり良くなかったってアキオから聞いたから、その代わり。
でも、嘉峪関にも宿泊するつもりないので、明後日の朝ホテルを出てから蘭州で途中下車して、大同に着くまでの丸2日、シャワー浴びれない予定
我ながらそれでいいのか?!って心配になるけど、気にしないことにした

まぁ、これも予定通り行けば・・・の話しだからね。
7月も半ばを過ぎて、だんだん列車の切符も取りにくくなってきたような気がする。

で、トルファンも本当は1泊で十分そうなんだけど、この後ちょっと長距離の移動が待ってるので、1泊増やして少しのんびりしようかと。
実はクチャ2日目で扁桃腺が猛烈に腫れた模様で、熱を出しました。
薬買って飲んで熱は下がったけど(多分。暑くて熱があるのか、暑いだけなのかよくわからない・・・)咳と鼻水が止まらない
ということで、ここらでちょっと休憩
でも、いたって元気なんで心配ご無用!

明日は朝から世界遺産を見に行ってきます

スポンサーサイト
19:07 | シルクロード旅行<2008年8月>| トラックバック:0 | コメント:4
 ◆ クチャに到着
2008/07/16(水)
今日昼過ぎにカシュガルを出発し、7時間半ほど電車に揺られ、今はクチャのホテルにいます。

カシュガルでは無事に先に着いてた美佳ちゃんと会って、誕生日を祝ってもらい(ビールとでっかいハミ瓜?で!)、カシュガル行く電車の中で出会ったウイグル人の女の子イバの家に泊めてもらったり、なかなか出来ない経験をいっぱいしてます傾初ス初ニ儘乕??初ッ初ー儖

カシュガル行きの電車の空調とカシュガルの砂埃のせいで、喉と鼻をやられてる以外は、いたって元気です?偖?偖
あとは昨日、イバと一緒に路上で食べ歩きしたせいで、今朝お腹の調子が悪かった…
普段食べたことのないようなものをいっぱい食べたせいだと思う。羊腸とか豆とか。

それから、ついに30歳になっちゃった曙ォ
30歳の誕生日を中国で迎えるなんて思ってもいなかったし、さらにカシュガルなんて去年はまるで興味すらなかったかも…(知ってたかすら怪しい)

こんな風に好きなことして、自由に生きていくのが一番あたしらしいのかなと思ってしまう。
(大概にしろと言われそうだけど傾初ス初ニ儘乕??初ッ初ー儖
とにかく、今しか出来ないことなら今やるしかないし、いろんなものをこの目で見て、たくさんの経験ができればいいなと思う。
むちゃくちゃなあたしを支えて、応援してくれる人たちに感謝です傾初ス初ニ儘乕??初ッ初ー儖
ちっとも落ち着かないあたしを放置して(諦めて?)くれてる両親にも。

ということで、明日も朝から遺跡巡りに行ってきます?初。?
02:27 | シルクロード旅行<2008年8月>| トラックバック:0 | コメント:6
 ◆ カシュガルに向けて
2008/07/12(土)
出発します!24時間電車の旅・・・
次は西のはじっこカシュガル。すっごい楽しみ!

おっと、もう行かなきゃ。
次の更新はいつになることやら・・・でも今のところは無事です!!
では、行ってきま~す★
10:11 | シルクロード旅行<2008年8月>| トラックバック:0 | コメント:5
 ◆ 中国のスイス…なの?!
2008/07/11(金)
ユースホステルにいた旅行会社のお兄ちゃんと値段交渉して、天池に行くことにした。
ガイドブックにもきれいってことで評判良いし、楽しみ

朝迎えに来た車は普通の乗用車。しかも中国人の夫婦がすでに乗ってる。
あれ?一緒に行くのかな??と思ってたら、甘かった腟究

連れていかれた先は観光バスで行くツアーの集合場所みたいなところで、乗れって言われたバスには中国人民45人くらいが。
なんとなく少人数で行くもんだと思ってたあたしは、ガックリorz
しかも人民の皆さんはみんなでどこかへ行くのが好きなので、1人で参加してるのなんてあたしだけ。
もちろん日本人もあたしだけ…

ほぼ満席のバスの中、寝まくること決定!
途中強制的に土産物屋に立ち寄りつつも3時間ほどで天池到着。
RIMG0255.jpg
途中で見えた景色。ウルムチは大きな町だけど、町の外はこんな景色が果てしなく続く。
でも天気もよくて空がとってもキレイ

ロープーウェイもあるんだけど、山の上までバスに乗ったまま登る。
ガイドは「今日は空いてるからバスで登れてラッキーね!」ってしきりに言ってたけど、正直ロープーウェイに乗りたかったんですけど…
山の上に唯一あるホテルで大して美味しくないラグメンを食べる。
それからやっと天池へ。奥に見えてるのが多分ボゴタ峰。
RIMG0276.jpg

すぐに船に乗れって言われて5分ほどの船旅の後、結構急な階段の上にあるお寺に行くって言われる。
ここでガイドと人民のバトル開始。
実はバスの中で入山料と乗船料とお寺の拝観料がツアー代金に含まれてないって言われて(あたしは入山料しかガイドが言ってることがわかんなくて、このとき初めてこの料金かって気付いた…)、みんな料金を徴収された。
なのに船は5分くらいしか乗ってないのに、こんな階段登ってまでお寺に行くなんて聞いてない腟究みたいなね。
ガイドも譲らないから、かなり険悪な感じに。
こっちの人ってすっごいけんかっ早いのよ。しかもお互い譲らないからどんどん泥沼
結局ツアー客の一人が責任者に電話して、なんだかよく分かんないまま決着した。

で、みんなでお寺へ。
そこでお坊様が説教みたいなのしてくれたけど、よく分からず寝そうになる鐔
その後、ひと組ずつ小部屋に呼ばれて、でっかい線香買わされそうになった羆
どうでもいいけど、最初に勧めてきたやつなんて9000元とかだよ!
無理って言ったら900元もあるよって…
1泊45元のユースに泊まってるあたしにどうしろと?!
「長期の旅行中で余分なお金ないから」って言ったつもりがうまく伝わらなかったのか、「旅行に出たのに金持ってないのか?」って聞き返されるし
結局「無駄金はありません」みたいな言い方してしまった…

そこを出て自由時間(しかも1時間しかないっ腟究)って言われたから、帰りは船もないから歩こう!って船着場通り過ぎようとしたら、ガイドに船乗れるよって言われて、券渡された。
お寺で解散した時には乗船券くれなかったのはなぜだ鐚
ガイドに会わなかったらどうなってたんだろう…

帰りの船は20分くらいかけて天池を対岸のほうまで行ってくれた。
でもおかげで自由時間の残りが…
船から景色見てたら遠くの方にカザフ族のキーズグイが。
そういえば見れるって聞いてたのに見てない!と思って下船後見に行くことに。
でも時間がないで、船から見えた方向に猛ダッシュしかも登り。
RIMG0340.jpg←頑張って見れたのがこれ。
観光客用に完全に整備されてるやつだったけど、頑張ったからいいや。

RIMG0295.jpg  RIMG0300.jpg  RIMG0301.jpg
お寺とお寺から見た天池。

集合に遅れて万が一置いてかれたらヤバいと思い、戻りも猛ダッシュで坂を下ったら、バスで隣の席に座ってたおばちゃんとその御一行に遭遇。
この人バス降りてからも一人のあたしを何かと気にかけてくれてて、一緒に集合場所まで行くことになった。
でもこの御一行なんだかのんき。
時間が迫ってるのにトイレ寄るは写真撮るは、あげくに少し休んで行こうって言いだす始末。
なんかおかしいと思い、「そろそろ集合時間だよね?」って言ってみたら、「えっ?そうなの??」って、おいおい鐃b
そこからみんなで急いでバスに戻り、10分遅れで無事到着。
この人たち、あたしに会わなかったらどうなってたんだ?

帰りもバスで降りるって言ってたから、またガッカリしてたんだけど、なぜかロープーウェイを使うことに。
多分またバトルになったんだろうなって思い、いつもははた迷惑な人民同士の喧嘩も今回はかなり役に立ってるじゃん!って少し見直した

RIMG0356.jpg  RIMG0361.jpg
仲良くなったおばちゃんたち御一行(思いっきり逆光…)とロープーウェイ。

もちろん帰りのバスは爆睡し、また土産物屋に寄り、ウルムチ市内に戻る。
で、そこで解散!って、ここどこ???
なんとかバス停を見つけ、バスを乗り継ぎ、ユース近くまで戻った時には22時過ぎてた…
あたし、お疲れ!

夕飯は念願のポロっていうウイグル人のピラフみたいなやつと羊肉。
ニンジンとパパイヤが入ってるらしい。
朝あった店でも夕飯時にはなくなってて、昨日食べそこなったんだよね。
少し油が多いけど、ほんのり甘くて美味しかった
新疆は食べ物がおいしいから嬉しい
RIMG0391.jpg

22:23 | シルクロード旅行<2008年8月>| トラックバック:0 | コメント:0
 ◆ ウルムチ2日目
2008/07/10(木)
昨晩ウルムチ空港に無事降り立ったものの、滞在予定のユースにたどり着くまでの所要時間約2時間半。
でも美佳ちゃんにも無事めぐり会え、というか迷わず同じ部屋にして、ひと安心で爆睡


さて、今日は24時間電車の旅に備え、食料を買いに行くという美佳ちゃんにくっついて、徒歩5分ほどのカルフールへ。
RIMG0177.jpg
そこで早速見つけた営業時間の『北京時間』という文字。
中国はうんざりするほどでっかいくせに、公式には時差がない…
で、ここ新疆では勝手に北京時間からマイナス2時間っていうウイグル時間なるものを使ってる。
国としては非公式だけど、新疆に住むウイグル族の間では公式みたいな
なので、カルフールは開くのが遅くて、閉まるのも遅い、みたいな感じになっちゃってる。


美佳ちゃんの出発を見送って、あたしはウルムチの繁華街、解放南路へ。
ユースの周りは漢族ばっかりで、正直中国じゃん!って感じだったけど、開放南路はウイグル族だらけ
ナンやサモサや果物を売る屋台があったり、歩いてて突然イスラム~な建物が出現したり。
ここは中国なのに中国じゃない!
RIMG0206.jpg  RIMG0194.jpg
RIMG0224.jpg  RIMG0235.jpg
キレイだけど、暑いのに見たくなかったじゅうたん屋も結構あった。

路地裏を散策してた時に、メロン売りのおじさんが味見しろってメロンを一切れくれた。
ありがたいけど、そんなでっかいメロン買っても食べきれないから…って試食を躊躇してたら、買わなくてもいいから(ってあたしは勝手に解釈。だってウイグル語分かんないんだもん)って。
ならば、遠慮なくいっただきま~す
その親切なおじさんの写真を撮ってたら、子供たちが寄って来た。
しばし、子供とデジカメでたわむれる
RIMG0208.jpg  RIMG0212.jpg
多分メロン売りのおじさんの子たちで、兄弟だと思う。
普通話で話してもさっぱり通じないんだけど、可愛かったぁ


後ろ髪をかなり引かれながら、子供たちに別れを告げ、あたしは本日のメイン、新疆ウイグル自治区博物館へ。
到着したのが14:30。なのに、15時まで入れないって言われ、ものすごく暑い中待たされる。
ホントに皮膚焦げんじゃないかってくらい暑いのよ絵
地球の歩き方には入館料25元って書いてあったけど、なぜかタダだった!

2005年に再オープンしたっていう博物館は、水類持ち込み禁止とか、写真撮影禁止とか、入口でセキュリティーゲート通されるとか、ものものしい感じだけど、とてもキレイ
中国の少数民族の展示がすごく興味深かった。
民族ごとに衣装とか楽器とかがわかりやすくディスプレイされてて。
中国人民の大多数を占める漢族の民族衣装なんかは周知のものだけど、少数民族については、そういえばあんまり知らなかったなぁ…。
漢族にしてもそうだけど、どの民族も色鮮やかでキレイな衣装なのに、ひとつとして似たようなのがなくて、あらためてこの国の規模と民族の多様さに驚いた。
そりゃ言葉も全く通じなかったりするわけだ
ウイグル語なんて元になってんのがアラビア文字だから、右から読むんだよ!

少数民族の展示を満喫し、さて次はいよいよ『楼蘭美女』ねと思ったら、展示室の入り口閉まってんじゃんっ!
聞いたら保存のため月・水・金しか一般公開してないって…
ええぇぇぇーっ絵って泣きそうになってたら、ちょうどアメリカ人の年配夫婦2組が英語のガイドと一緒に入るところで、それについて行けって言われた。
なんでも外国人旅行者は二度と来ることが出来ないかもしれないから、公開日以外も入れてくれるらしい
なんか中国なのにすごいまともな規則で、別の意味で驚いた!

そして、ついに『楼蘭美女』と感動のご対面です
silkphoto182.jpg
(撮影不可だったので、ちょちょっと検索して拝借しましたv
すごくない本気で感動!!
マジで綺麗な人。3800年くらい前の人らしい。
でも生前すごい美人さんだったんだろうって容易に想像できる。

他にも何体かのミイラが展示されてたんだけど、楼蘭美女も含めて状態がものすごく良くて、またびっくり
ガイドの説明によると、内臓もそのままらしい。
エジプトで発見されたミイラは、内臓や血とかを抜いてあるらしいんだけどね。
なんで内臓そのままでもこんなに状態がいいかというと、
①乾燥した気候で気温と湿度のバランスがミイラ化に良かったらしい
②浅いところに埋葬されてて、乾燥性の気候のせいで体内の水分が蒸発しやすい
ってことみたい。
そんなわけで、新疆でたくさんのミイラがキレイな状態で発見されてるらしい。
体全体に崩れがないのもそうだけど、衣服とか靴とかまで状態がいいのがすごい!


無事に『楼蘭美女』にもお目にかかれたし、大満足で夕食へ。
本当はポロっていうウイグルのピラフみたいなご飯が食べたかったんだけど、昼間見かけた店はみんな売り切れ
で、かなりな妥協と暑いからと自分に言い聞かせて、夕飯は涼皮。
どこにでもあるけど、うまかったからいいやsc03
RIMG0242.jpg
多分米粉の太麺みたいなやつに、きゅうりとかパクチーとか乗せて、にんにく風味の酢っぱ辛いタレがかけてある。


明日は中国のスイス(!)天池です。
23:22 | シルクロード旅行<2008年8月>| トラックバック:0 | コメント:0
次のページ >>
Copyright © 2018 虹色眼鏡, All rights reserved.
[ CALENDER ]
11 « 2018/12 » 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

[ PROFILE ]
NAME : lioco
PROFILE
世界中の人と話せるようになることを夢見る29歳。
退職をきっかけに2007年9月から中国大連の大連外国語学院に留学中。
カナダのSaskatchewn州Reginaにも留学経験あり!

[ ENTRIES ]
移転のお知らせです
遅くなりましたが…
最後の夜
ただいま!
夏は終わっちゃったのかな?

[CATEGORY]
最新の記事
留学準備[11]
日常[22]
大連生活[92]
中国で発見![5]
済南・泰山・曲阜旅行 <2007年9月>[3]
瀋陽・長春・ハルビン旅行<2008年1月>[8]
西安旅行<2008年5月>[4]
シルクロード旅行<2008年8月>[8]
未分類[3]

[ COMMENTS ]
lioco[09.29]
mika[09.15]
chieko[09.14]
Nahomi[09.14]
yumi[09.14]

[ ARCHIVES ]
2008年11月[1]
2008年09月[3]
2008年08月[4]
2008年07月[15]
2008年06月[8]
2008年05月[11]
2008年04月[10]
2008年03月[5]
2008年02月[11]
2008年01月[16]
2007年12月[7]
2007年11月[8]
2007年10月[11]
2007年09月[13]
2007年08月[13]
2007年07月[7]
2007年06月[5]
2007年05月[6]
2007年04月[2]

[ TRACKBACKS ]
[10.14]

[ LINKS ]
eri's Art *-もの創りとこころ-*
I feel fantastic!
絆~KIZUNA~
Home Fragrance
本日は○○ナリ!
大好物☆あいす
管理者ページ

[COUNTER]


Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。