FC2ブログ
 虹色眼鏡
 29歳を目前に中国留学を決意したliocoの日記です。


RSS + ADMIN + HELP
 ◆ シルクロード~第4日目~
2008/05/06(火)
ついに西安の旅も最終日。
今日も朝から脂っこい中華の朝食をモリモリ食べ、またしてもトイレを詰まらせつつ、いざ、出発キリリ


まず最初に向かったのは、陝西歴史博物館です。
(西安は陝西省の省都)
ここは1991年に開館。陝西省で発掘された周・秦・漢・唐の時代を中心とした先史時代から清代までの青銅器や工芸品など約37万点を所蔵している施設です。
順路どおりにまわると時代順にみることができて、とても見やすかったアップロードファイル
ただ、どうも今回の旅、博物館での自由時間が足りないsc07
ここもかなり広いので、ゆっくり見てたら多分一日過ごせそうな感じ。
なのに、1時間ですか??
RIMG0642.jpg  RIMG0649.jpg  RIMG0664.jpg
土器や青銅器がたくさん。これが2000年前のだったりするから、驚きですぱんだもびっくり

中でも面白かったのがこれ↓
IMGP2728.jpg
唐代の女性の眉毛の移り変わりアップロードファイル
300年余りで、こんなに…昔も今も女性が美しくありたいって思うのは変わらないってこと?!


続いてはついに今回の旅の締めくくり。
西安の城壁の中でもシルクロードの起点と言われている、西門(安定門)です。
西安の城壁は現在中国で完全に残る唯一のもの。
街を囲む城壁の長さは1周約13km。
天皇、皇后両陛下もここを訪れているそうです。
RIMG0762.jpg
シルクロードが最も栄えたのは、唐代だけど、この安定門は明代に修復された時に造られたもので、唐代の9分の1しかないらしい。
それだけでも、唐の当時の繁栄ぶりがよくわかる。
IMGP2777.jpg  IMGP2757.jpg
これまた、とってもいい天気、というより夏日(大連帰ってからわかったんだけど、32度だったらしい)絵文字名を入力してください
ここで、売ってる凧が気持ちよさげに空を舞っていました。
しかし、どんだけ長いんだか…


本当にアッという間の3泊4日西安の旅。
西安は街自体もとてもキレイだし、過去と現在がとてもうまく融合されてる街でした。
昔のこの国の繁栄ぶりを痛感できたし。
今まで教科書の中のことでしかなかったことに、興味が持てるようになったのが、この国に来た一番の収穫かもしれない☆
スポンサーサイト



19:51 | 西安旅行<2008年5月>| トラックバック:0 | コメント:0
 ◆ 兵馬俑!兵馬俑!兵馬俑!~第3日目~
2008/05/04(日)
今日も快晴晴れ 西安はすっかり夏です。

まず最初に訪れたのは、華清池。
ここは世界三大美女の一人、楊貴妃の温泉地として有名なところ。
温泉自体は3000年くらい前から湧いていて、景色がキレイなこともあって、歴代の皇帝が利用したらしい。
楊貴妃を寵愛していた玄宗皇帝は、専用の風呂を作り、毎年秋から翌春までを楊貴妃と共にここで過ごしたんだそうだ。
RIMG0357.jpg  RIMG0362.jpg  RIMG0379.jpg
真ん中は現代の楊貴妃!? 観光地独特の楊貴妃との記念撮影を無視し、隠し撮り(笑)

RIMG0406.jpg
これが玄宗皇帝専用のお風呂、連花の湯。

楊貴妃は茘枝(ライチ)が大好きで、600キロも離れたところから長安まで運ばせてたらしいです。
温泉とライチが美の秘訣☆
(ガイドの老高によると、楊貴妃はデブだったという話もあるとか…ライチの食べ過ぎ??)

さて、もうひとつ、忘れちゃならないのが、ここは西安事件(西安事変)の舞台だったということ。
以下、引用です。

1936年12月、蒋介石は南京を出発して西安に来ました。その目的は楊虎城の西北軍と張学良の東北軍による共産党「討伐」が一向に捗らないことに業を煮やし、この二人の将軍を督戦するためでした。蒋介石は華清宮の五間庁に泊まって、12月12日朝5時、突然の銃声で目を覚まし、着替えもできず、裸のままで窓を乗り越え、山腹に逃走しました。山はらの大きな石の隙間に隠れている時、8時頃、張学良の護衛兵が発見して捕らえ、西安市の西京招待所に幽閉しました。張学良と楊虎城はさっそく延安にいる毛沢東に電報を打ち、代表団の派遣を要請しました。毛沢東は周恩来を西安に派遣しました。周恩来は何度も蒋介石と交渉し、その結果第二次「国共合作」が実現しました。


張学良と言えば、冬に瀋陽に行ったときに、私邸を見学したわ。
【詳しくはこちら→大連から瀋陽へ~第1日目~
こんなところで、西安と繋がってるとは…あたし、歴史知らなさ過ぎ絵文字名を入力してください
RIMG0434.jpg  RIMG0444.jpg  RIMG0445.jpg
左:蒋介石の泊まった部屋
真ん中:弾丸を撃ち込まれた会議室
右:弾丸の痕


さてさて、次は今回の旅のメイン、兵馬俑!!!
歴史の教科書に載っていたので、てっきりすっごい昔に発見されたと思ってたら、1974年に農民が井戸掘ってて偶然見つけたんだって。
でも、埋められたのは2200年前。それから、秦の始皇帝陵を永遠に守ってます。
RIMG0491.jpg  RIMG0490.jpg
一号抗正面と旅の仲間たちとの記念撮影。

さぁ、どうぞ。これが兵馬俑です!
RIMG0492.jpg
一号抗にずらっと並ぶ兵馬俑。発掘されたままの配置だそう。

RIMG0496.jpg  RIMG0498.jpg  RIMG0503.jpg
まだまだ発掘途中で、復元されていない兵士も数多く残る。
世界八番目の奇跡なんて言われてる兵馬俑。
なぜかと言えば、この兵士たち一人として同じ顔、衣裳の者はいないから。
そして、かつての秦の敵国が存在した東を全部が向いている。
…ちょっと気持ち悪くなってきたアップロードファイル

とにかく、ズラッと並ぶ兵馬俑は圧巻だったし、何より、実物をこの目で見れたことにとても感動しましたアップロードファイル


ここまで朝・昼・晩とひたすら、似たようなメニューの中華を食べ続けた(今回ご飯コーナーがないのはそのせいです(笑))わけですが、今日の夕飯は西安市内の回族小吃街にて。
全員に夕飯代20元ずつが配られ、2時間半の自由行動アップロードファイル
中国は人口のほとんどを占める漢族の他に、少数民族が55います。
そのうちの一つがイスラム教系の回族。
(ちなみによく行く羊肉は新疆ウイグル族の料理です。)
RIMG0640.jpg  RIMG0638.jpg  夕飯
町並みと食べ歩く、セリ、リサ、美佳ちゃん。
右は夕飯に食べた西安名物『羊肉泡[食莫](ヤンロウポーモー)』。
春雨の上にちぎったパンと羊肉を乗せて、スープをかけたもの。
割とさっぱりとしていて、食べやすかった。
でもパンにスープかけてるから時間が経つとデロデロ…


あっという間に3日目も終わりだぁ汗(だらだら)

続きを読む »
23:37 | 西安旅行<2008年5月>| トラックバック:0 | コメント:0
 ◆ あっつい…~第2日目~
2008/05/04(日)
昨日とは打って変わって、いいお天気晴れ
今日まずは乾陵へ。
唐の第3代皇帝である高宗と妻の則天武后のお墓です。
則天武后は中国史上最初(そして唯一)の女帝。
彼女については、嘘かホントか、ここ↓に詳しく書いてあるので、参考にどうぞ。
則天武后~恐怖政治をしいた冷酷非情な女皇帝~

RIMG0161.jpg RIMG0181.jpg

↑帰りに下るとき、なんだか駆け下りたくなり、久しぶりに思いっきり走ってみたアップロードファイル
足がもつれそうになった…でも超気持ち良かったきゃは


続いて向かったのは、永泰公主墓という高宗と則天武后の孫娘のお墓。
壁画古墳と言われるだけあって、お墓の入り口を入ると両側の壁に下記のような壁画が並びます。
RIMG0229.jpg  RIMG0239.jpg

ちょっと調べたところ、唐代の陵墓の特徴は、当時の生活をそのまま再現しようとしたところにあるらしいです。
なので、壁画に描かれている従者や侍女は当時の彼らをそのまま表現しているとみていいようです。
男性も女性もずいぶんと濃くいかつい(失礼!)顔をしてらしたのねキリリ
永泰公主が埋葬されたのが700年代。
ということは、1300年前…とは思えない保存状態にビックリ!


永泰公主を後にして、次に向かったのは、法門寺。
今までのお寺と似たただのお寺か…と思いきや。
1987年に釈迦牟尼(シャカムニ)の指の遺骨が発見されたお寺だったびっくり
ちなみにお釈迦様の遺骨は仏舎利と言うんだそうだ。
指の部分の舎利が発見されたのは、法門寺が世界初で、唯一、法門寺にしか存在しないらしい。
RIMG0269.jpg  RIMG0277.jpg  RIMG0285.jpg

左の写真の後ろに見える塔の下に地下宮殿(地宮)があって、そこから仏舎利が発見された。


夕食後は美佳ちゃん、せり、りさと市内をぶらぶらと探索。
西安は昔の城壁が残っていて、その内側は古都、西安のイメージに合った、とても上手な街づくりがされているなぁという印象。
RIMG0321.jpg  RIMG0344.jpg  RIMG0347.jpg

左:ライトアップされた城壁。
真ん中:この前がとても広い広場になっていて、21時過ぎても人がたくさんいた。
大連は20時を過ぎると街が閑散とする印象だったから、ちょっとビックリ!

RIMG0350.jpg  RIMG0329.jpg

左:大手百貨店PARKSONも西安ではこの通り。雰囲気あります。
右:西安に限ったことではないが、路上で将棋に興じる中国人。
何もそんなとこで…っていつも思うアップロードファイル 中国人は路上好き!?


続きを読む »
23:24 | 西安旅行<2008年5月>| トラックバック:0 | コメント:0
 ◆ 西安上陸!~第1日目~
2008/05/03(土)
早朝6時学校集合。本日の睡眠時間30分絵文字名を入力してください
昨晩2時前くらいに帰宅したルームメートLECOの『FF10がもうエンディング』の一言に負けた…
※注:FFはそう、かの有名なRPGのゲームです。

そのエンディングがなぜだか無性に見たくなったはいいが、見終わったのが結局4:00AMという微妙な時間。
やっぱりというか、当然眠くなり、でも寝たら絶対に自力では起きれないだろうということで、もう寝るというLECOに『あたしが30分仮眠を取る間、起きててくれ』という、もはやジャイアンよりたちの悪い指令を出し、就寝アップロードファイル

無事起きれました!
今日ほど一人暮らしじゃないことを感謝した日はないよ、LECO!!!


もちろん飛行機では貪欲に睡眠を貪り、でもしっかり機内食は食べ、快適な空の旅を満喫し(欲を言えば、機内食もうちょっとおいしいといいのに…)あっという間に西安到着飛行機


今回の目的地、陝西省の省都西安は中国史上、かなり重要な地。
秦、漢、隋、唐と4つの国の都になったところです。
隋、唐の時代は長安と呼ばれていた場所です。
隋、唐といえば、遣隋使、遣唐使が日本から派遣されたりと、日本とも関係が深い場所ですね。


さて、その西安、本日はあいにくの雨…というよりどしゃ降り。
そのうえ、結構寒い。国慶節の泰山の悪夢再来か?アップロードファイル

そんな中、最初に連れていかれたのは…


大雁塔水景広場!


雨の中、音楽に合わせて噴き出る噴水を鑑賞汗(だらだら)
どんだけ水!?
IMGP2531.jpg  RIMG0008.jpg

右は広場の中にあったKFC。ちょっとおしゃれキラ
広場自体はとてもキレイだったし、噴水も晴れてたらもっと快適に見れたのに…


昼食をはさんで、次に向かったのは大慈恩寺。
玄奘三蔵(西遊記の三蔵法師のモデルとなった僧侶ですね)がインドから持ち帰った経典や仏像を保管するために648年(唐の時代)に建てられたお寺です。
RIMG0026.jpg  RIMG0028.jpg

右の後ろに写ってるのが、大雁塔。
天気が悪かったし、時間もあまりなかったため、登らなかったけど、てっぺんからは西安市内が一望できるらしい。


雨だし、朝早くて疲れてるだろうとの引率の先生とガイドさんの配慮で、先に本日から西安滞在中ずっと宿泊するホテル、唐人賓館へチェックイン。
『古いホテルですけど、広いのでここにしました!』とガイドの老高さん(あだ名)が自信を持って言ってたけど…
ホテル②

こりゃ、ないよ。部屋は確かに広めではあるけど、言うほどではない。
部屋よりも廊下とエレベーターホールの無駄な広さの方が気になりますアップロードファイル
トイレとシャワーの老朽さはやばかった…
いつものくせでトイレットペーパー流したら、早速詰まったアップロードファイル
あまりのがっかり具合に部屋の写真撮る気がなくなったので、外観だけ。


1時間半の休憩の後、本日最後の見学地、碑林博物館へ。
西安碑林博物館は、全国から集めた石刻や石碑などの文化財3000点以上が展示されています。
歴史陳列室、石刻芸術陳列室、碑林(石碑の展示室)に分かれています。

RIMG0046.jpg  RIMG0052.jpg  RIMG0055.jpg

左:入口  真ん中:碑亭  右:石台孝経→内容は孝経の解説で、唐の玄宗皇帝の直筆

たくさん並ぶ石碑が圧巻でした。
その中から1つ。達磨東渡図です。
RIMG0080.jpg この石碑が

RIMG0090.jpg こういう作業を経て
※ちょっとわかりづらいですが、たまたま別の石碑に墨を紙を貼って墨のついた布みたいので叩いてるところを見ることができました。要は版画。

RIMG0083.jpg こうなるらしい!


学生時代、世界史が大の苦手だったliocoでさえ、それくらい知ってるよ!って名前が次々に出てくる西安の旅。
中国の歴史に今回もどっぷり漬かりますぱんだもびっくり
22:47 | 西安旅行<2008年5月>| トラックバック:0 | コメント:2

Copyright © 2019 虹色眼鏡, All rights reserved.
[ CALENDER ]
08 « 2019/09 » 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

[ PROFILE ]
NAME : lioco
PROFILE
世界中の人と話せるようになることを夢見る29歳。
退職をきっかけに2007年9月から中国大連の大連外国語学院に留学中。
カナダのSaskatchewn州Reginaにも留学経験あり!

[ ENTRIES ]
移転のお知らせです
遅くなりましたが…
最後の夜
ただいま!
夏は終わっちゃったのかな?

[CATEGORY]
最新の記事
留学準備[11]
日常[22]
大連生活[92]
中国で発見![5]
済南・泰山・曲阜旅行 <2007年9月>[3]
瀋陽・長春・ハルビン旅行<2008年1月>[8]
西安旅行<2008年5月>[4]
シルクロード旅行<2008年8月>[8]
未分類[3]

[ COMMENTS ]
lioco[09.29]
mika[09.15]
chieko[09.14]
Nahomi[09.14]
yumi[09.14]

[ ARCHIVES ]
2008年11月[1]
2008年09月[3]
2008年08月[4]
2008年07月[15]
2008年06月[8]
2008年05月[11]
2008年04月[10]
2008年03月[5]
2008年02月[11]
2008年01月[16]
2007年12月[7]
2007年11月[8]
2007年10月[11]
2007年09月[13]
2007年08月[13]
2007年07月[7]
2007年06月[5]
2007年05月[6]
2007年04月[2]

[ TRACKBACKS ]
[10.14]

[ LINKS ]
eri's Art *-もの創りとこころ-*
I feel fantastic!
絆~KIZUNA~
Home Fragrance
本日は○○ナリ!
大好物☆あいす
管理者ページ

[COUNTER]


Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON